続・オヒ!の殿堂3(番外編)

藤堂俊介がこっそり書くブログのようなもの

カシオ関数電卓 CALCキー


 操作例を上図にまとめました。


 何のキーかと言えば、数式を一時記憶して、繰り返し計算ができる機能です。

 メモリ(A~F,X,YとM)=数式を入力して完了です。例えば、Y=X+1と入力し、CALCを押すと、『X?』と表示され、Xに対する数値入力待ちになります。数値入力し、 =を押すと、X+1の答えをYに代入した答えが表示されます。さらに、=を押すと、『X?』が表示され、繰り返し計算ができます。

 繰り返し計算を終わらせるには、ACもしくは、ONを押します。なお、電源を切ると記憶していた数式はきれいさっぱり忘却の彼方へ送られます。(消去されます)

 なぜ、こういう仕様なのかは説明書には示されていません。考えられる点は、関数電卓可能な試験に、数式を記憶したままにすると、ズルをするからではないか。関数電卓カタログに、○○試験対応の表示が、プログラム関数電卓にないことからうなずけます。

3DSで作る請求書

 前回記事で作成したプチコン3号とコミック工房2の組み合わせで作成した請求書。


 プチコン3号で作る部分である計算書を単価×数量=金額と小計、割引率がでるように計算プログラムを修正しました。

(出力例)


 次に、コミック工房2の文書も変更します。



 プチコン3号で作成した計算書は、写真にして出力。コミック工房2に呼び出して貼り付けます。

(出来上がり例)


 この文書、コミック工房2内でコピーして、見積書にすることもできます。