続・オヒ!の殿堂3(番外編)

藤堂俊介がこっそり書くブログのようなもの

さし絵スタジオ2で漫画作りの例

夕方の場面を作ってみましょう。
1 背景写真を撮影します。

2 さし絵スタジオ2を起動し、背景写真を適度に範囲指定します。



3 人物の動作パタン、建物の背景を配置し、予め利用者で作っておいた人物パタンを組み合わせます。

4 四コマ漫画の場合は4枚作り連結させます。さし絵スタジオ2には写真を連結する機能がありませんから、別のソフトを使い、連結します。


5 セリフなどを入れて完成です。





字数制限 パブリック○○○をなんと表すか

 字数制限の原稿を求められた場合、主に英語由来の言葉、英語または非漢字圏の言語を混ぜて取り込んだ略語を含めたカタカナ語をこれまで使われてきた日本語(漢語)に置き換えないといけない。


 例えば、国民、公共、市民、公衆を意味するパブリック(public)。


 よく使われるようになった。パブリック・コメント。ハブコメと略されることもある。以前は、「ご意見」「ご意見を募集」などと表現していた。パブリックの意味が何であるか説明するより、「ご意見を賜る」が、伝わりやすい。


 パブリック・ビューイング。「街頭テレビ」は古すぎる。「○○で放映される」または「○○へ中継される」の表現があった。これに戻したほうが伝わりやすい。なお、映画も中継放送も著作物であるから、「上映会」とまとめると3文字で終わる。
イン

六角大王Super6

 試作品は、さし絵スタジオ2で作成したキャラクタを、六角大王の内蔵アニメを用い動かした。


 muragonではGIFアニメが非対応なために、リンクを貼っておく。